理想の家に住むために【注文住宅施工業者に相談しよう】

大きく3つの工法で決める

インテリア

工法それぞれの特徴

日本は地震大国とも言われ、過去には阪神淡路大震災や東日本大震災など、痛ましい災害があったのは記憶に新しいところです。この地震による災害から住宅の耐震強度が着目され、近年では注文住宅で自由な家づくりができることから、地震に強い家を建てる傾向にあります。ひとくちに地震に強い家とは言っても、どのような工法で建てれば倒壊しづらいものができるか気になるところです。注文住宅の選定は土地や建築会社、予算に加え何階建てにするかといった問題があり、それを踏まえてから構造を検討する必要があります。現在の耐震強度は2段階の目標で建てられており、第1段階に中規模の地震で損傷が少ないもの、第2段階には大規模の地震で倒壊しないものと考えられています。地震に強い家を建てるには、どれくらいの規模の地震を想定するかにかかっているのです。現在の戸建て住宅の構造は、木造か鉄筋コンクリート造、または鉄骨構造の3つで分けられます。木造は最も主流となる構造で、気密性や断熱性が高いツーバイフォー工法や制約が少なく増改築しやすい在来軸組工法があります。特にツーバイフォー工法はシステム化されて合理的に建築することができるため、所要日数が少なく安くできるのが強みです。鉄筋コンクリート造は張力に強い鉄筋と、圧縮力に強いコンクリートで支え、地震による揺れに対応しています。また、燃える素材ではないので火災にも強く、マンションなどの大型建築に有利となっています。鉄骨構造は腫瘍構造材を鉄や鋼で作るため、地震に強い家としては最適ですが、建物自体が非常に重くなるため地盤改良などが必要になる方法です。耐久性や耐震強度としては鉄筋コンクリート造か鉄骨構造が最適ですが、コストの面で木造住宅が選ばれています。