口コミで支持を集めている鼻整形|受ける前に施術の特徴をリサーチ

  1. ホーム
  2. 知っておきたいこと

知っておきたいこと

カウンセリング

自分に合ったやり方を

「鼻を整形したい」という方はかなり多いのではないでしょうか。形だけでその人の顔の印象は随分と変わります。「シュッとした筋が欲しい」「形が気に入らない」など、鼻にまつわる悩みは実に人それぞれ。今回は具体的な施術方法について基本的なことをご紹介します。一口に「鼻を整形したい」とはいってもその施術方法は様々です。口コミなどでもよく聞く方法としてはまずシリコン素材を直接皮膚の中に入れてしまうというものがあります。「鼻筋を高くしたい」という悩みを持つ方の多くはこの手段を取られるかもしれません。鼻の整形といえば、ということでイメージしやすい施術方法でしょう。これは実際にメスを使って切開をするという施術です。皮膚の中に入れるシリコン素材は体内に吸収される素材ではありませんので一度の施術で済むというのがメリットでしょう。そしてこの「切開」という施術は何もシリコンを入れるだけに限らず、例えば「形が丸い」という悩みをお持ちの方は、鼻の先端の軟骨部分を糸でまとめてしまうというような方法に際しても使われます。他にもよくある「ワシ鼻」についても、基本的には軟骨を削っていくという手段になるのでその際にも切開は行われます。そして、切開について、口コミなどでよく取り沙汰されているのが「術後の傷の有無」があります。たしかにこれはとても気になりますよね。整形をしているのがバレる、というよりそもそも傷が残るということ自体避けたいのですが、実際のところ施術の多くは内側から行われることが多いようです。場所によってはどうしても外側にメスを入れる必要がある場合にも、なるべく目立たないような施術方法が考えられています。またこのような「切開」以外でも方法はあります。ヒアルロン酸という物質を注入するという方法がその一つで、例えば「鼻が低い」だとか「形が小さい」というような場合にこの成分を注入すれば、その部分が隆起して形を整えられることになります。メスを使った施術については口コミでもあるよう多くの人がためらってしまいがちですが、この方法だと比較的お手軽にできてしまいます。ただヒアルロン酸はやがて体内に吸収される成分なので定期的な注入が必要となってしまいます。「お手軽」と口コミであるように程度によってはヒアルロン酸の注入というこの方法では効果が望めないという方もいます。通院となれば費用についても悩んでしまうでしょう。鼻の整形手術はこのように悩みに対して様々な方法があります。ただ、これを自分で判断して施術方法を決めてしまうというのは避けるべきでしょう。状態によっては上に述べたような施術以外の方法をとるべきかもしれませんし、もしかすると切開する必要がなかった、いろいろな施術方法を組み合わせた方が効果的だという場合が考えられます。口コミで知ったある程度の知識を持って自分はこうしたいのだけれど、と担当の医師と綿密な打ち合わせを行う必要があります。顔にとって鼻というのはとても大きな役割を担っていますよね。決して「なんとなく」というような態度ではなく真剣に向き合う姿勢を大切にしましょう。