理想の家に住むために【注文住宅施工業者に相談しよう】

家づくりは慎重さが大切

ウーマン

身体に優しい家です

家づくりの基本は家族の健康と安全を最重要として考える事です。長い間生活の場とする家は住人の健康に影響を及ぼします。使用されている建築資材によっては体調不良を引き起こす事も珍しくなく、その多くはシックハウス症候群と呼ばれるものです。頭痛やめまい、のどの痛みや違和を感じる等の症状がなかなか改善されない事で気が付くケースが多いです。注文住宅を選べば、この様な不快な症状を避ける事ができます。合板や集成材等を使用せず、刺激物となる物質を含まないヒノキ等の無垢材を壁や床に使用します。吸湿効果のある無垢材は快適な湿度を維持してくれます。神奈川県方面への住替えを考えている人は相模原市内を候補地とするのが得策です。相模原市は神奈川県の北部に位置する市で中央区や緑区、南区で成り立っています。特に市役所のある中央区周辺は戦前から整備が進み、理路整然とした街並みが広がっています。鹿沼公園や横山公園等の自然環境も豊富です。相模原駅から横浜駅までは約48分位なので、十分に通勤圏内です。理想的な注文住宅を相模原市で建てるには注文住宅についての実績があり、丁寧な説明をしてくれる工務店やハウスメーカーを探す事が先決です。そして気に入った土地があっても建築制限がある事もあります。希望通りの注文住宅を建てられる土地選びをする事も必要になってきます。相模原市内には注文住宅を扱う数多くの工務店やハウスメーカー等が営業しています。積極的に見学会や構造説明会等に参加する事が必要です。

大きく3つの工法で決める

インテリア

地震災害が多い日本では、地震に強い家を購入する人が増えています。この地震に強い家は、倒壊しづらい工法を用いて、揺れに対応できる鉄筋コンクリートを使っているため、耐震強度に優れています。